Q&A よくいただく質問にお答えします。

 

Q:遠征は多いですか? どこまで行きますか?

A: スポーツ少年団と比べるとチーム数が少ないので、練習試合や公式戦では兵庫県内をはじめ

大会シーズンには大阪方面に出ることもあります。

ホームを飛び出し他リーグと対戦・交流することは視野を広げることのできる貴重な体験であり

普段の学校生活では決して出会えない人達と出会い交流を深め 研鑽を重ねることはかけがえのない経験になると考えます。

 

Q:入団している選手はどこの地域から来ていますか?

A: 現在、姫路、福崎、たつの、加西など、様々な地域から来ており、姫路でも複数の校区の小学生が

グランドで顔を合わせます。先輩たちは卒団後もユニフォームを着て時折グランドに来られ 一緒に練習しています。沢山のアドバイスを聞かせてもらったりと 在団生もとても嬉しいようです。

いろいろな学校から来ていますので、話題は尽きることなく、人見知りだったり知り合いがいなくても

野球を通してすぐに仲間になれる環境です。

 

 

Q:小学生で硬式野球は早い? 故障のリスクは?

A: 世界で軟式野球があるのは日本だけです。 硬式野球はもちろんスポーツですから怪我はつきものですし当たったら痛いです。けれど硬球だからこそ、怪我をしにくい正しいフォームや、練習に集中することを徹底して指導しています。いつも緊張感をもって硬球を扱い、選手に目を配っているので、不注意による怪我などはむしろ軟式野球より少ないと考えます。

子供たちの、自身の身体のケアに対する意識も自然と高まっていると考えられます。

 

Q:経済的負担が大きいのでは?

A: 姫路中央リトルリーグは月会費制です。 監督やコーチは全て無償のボランティアとして活動しており、会費は主に設備、用具の購入や修繕、大会の参加費などに充当されます。毎土日・祝日の活動時間数を考えると、費用的に他の習い事より突出して高い、ということはないと思います。

用具購入については軟式に比べれば割高ですが、グローブなど軟式のものを使用している選手もいます。

 

 

 

Q:父兄の負担が大きいのでは?

A: 姫路中央リトルリーグは当番制ではありません。 けれどリトルリーグはボランティア組織なので、父兄の皆様のご協力は必要です。 お母さん方は、指導者や子供たちへの水分補給や体調管理などをしています。お父さん方は、グランドの設営・整備、試合での審判などをしています。

遠征が入ると移動のため現地までの送迎を分担しています。 父兄は皆、強制ではなく、しかし

協力的に、自分の子供だけでなく、時には他の子供も喜んでお世話しています。

グランドで一生懸命にボールを追いかけている子供と共に過ごすことの出来る時間は、あっという間に過ぎていきます。 ご父兄の方もどうぞ、小川橋のたもとの気持ちのいいグランドで 子供たちと有意義な時間を過ごしてください。